38.教育資金と生命保険

貯められなかったでは済む話ではないのが教育資金です。 子供の将来を考えてできる限りのことをしてあげましょう。 まず、教育資金のために生命保険の見直しをしましょう。 小学校から大学まで通った場合、教育資金は2000万円以上かかると言われています。 もちろん、公立か私立にもよってきますが、これは子供一人にかかるお金です。 子供が多ければ何倍以上もの教育資金が必要だということになってきます。 これだけ大きな金額なのですから子供が生まれたら教育資金のための貯蓄は外せません。 教育資金を貯める方法は二通りあります。 地道に貯蓄するか、保険を利用するかです。 コツコツ貯金した場合万が一のことがあった場合、貯蓄した分だけのお金しかありません。 しかし、保険の場合には死亡保障があるので、保険料は安くても保障は手厚くなっています。 元本割れしない保険商品もあるので、検討してみると良いでしょう。 教育資金は今すぐに必要なお金ではありません。 しかし、まとめて考えると非常に大きな金額となっているので、早めに準備しておく必要があります。 さらにかかるお金は教育資金だけではありません。 生活していく上で生活費もかかります。 マイホームの購入、車の購入など毎月の収入ではきついという場合いには生命保険の見直しをしなければいけません。 教育資金は子供のためです。 夢や目標があるでしょうから今できることを早めに進めていくべきだと思います。 購入はこちら⇒妊娠サプリ 口コミ

Read More

乾燥との戦い

今までクレンジングは色んなタイプのクレンジングを使用してきましたが、化粧落としの力が強いタイプは肌の乾燥を引き起こしやすくまた肌への負担が大きいなというのが使っている中で一番の悩みでした。特にオイルクレンジングは先ほどのように、化粧落ちがいいのでその分乾燥が酷く、クレンジングして洗顔をした後はすぐに化粧水をつけるようにしていました。しかし、それでも顔の乾燥は酷くなるばかりだったのでオイルタイプのクレンジングは使用するのはやめました。 やはり、クレンジングに求めるものは化粧落ちの良さもしかりですが、肌への負荷が小さくお手頃な値段のクレンジングがあればなと悩んでいました。 続きはこちら⇒クレンジング人気ランキング

Read More

節税対策【その1】

会社を経営するにあたっては、税金の負担が重くのしかかります。 しかし、上手にやりくりすれば、税金を少なくすることができますので、減税対策を上手くやっていくようにしましょう。 以下に、代表的な減税対策の例を挙げていきます。 ●会社という形態を取るか個人事業でやっていくか 収入から必要経費を差し引いたものが所得となり、この所得額が300万円を超える場合、個人事業主となるよりも会社形態を取った方が節税に有利であるとのことです。 もし、所得が500万円以上となるのであれば、会社を設立することをお勧めします。 ●役員報酬 役員への報酬は会社の経費として扱うことができます。 そのため、役員報酬を高くすることで、所得額を低く抑えることができ、節税に繋がります。 しかし、特殊同族支配会社の規定などにより、役員報酬として計上できないケースもありますので、事前に役員報酬の適用について確認しておくようにしてください。 ●家族や親族を役員にする 家族や親族を役員にすることで役員報酬を損金として扱うことができます。 役員報酬に対する所得税はかかりますが、他の収入がなければ、所得税率を低く抑えられるため、節税効果は十分に得られます。 ●退職金の支払い 会社の場合、経営者が退任したら、退職金の支払いが可能です。 退職金を支払うことで、税制上の優遇を受けられます。 退職金に関しては、退職金の額から退職所得控除を差し引いた金額をさらに半分にするという分離課税を採用しているため、かなりの節税効果が得られます。 最後に、経営者が亡くなった場合、死亡退職扱いとなり、相続税の非課金税制度が適用され、相続税法上もメリットがあります。 よく読まれてるサイト>>>>>脂肪肝に効くサプリメントはこれ

Read More